足を洗う

悪いことから身を引く。また、仕事をやめたり仲間から離れたりするときに冗談めかしていう。

足を洗うの由来・語源

もとは、仏教から来た言葉で、昔の僧は、修行のために裸足で外を歩いていた。仏教の思想では、寺の中を救いの世界、寺の外を迷いの世界としており、裸足で修行に歩いた僧は、寺に入る前に足を洗うことで俗世界の煩悩を洗い清めていたとされる。このような習慣から、悪い行いをやめるの意を持つ言葉になっていった。
さらに、江戸時代になると、遊女が身請けされたり年季が明けたりして郭(くるわ)を出るとき、門の外にある井戸で足を洗うことを「足洗い」といい、それまでの境遇を抜け出し、堅気になることを「足を洗う」というようになった。
カテゴリ:社会