一網打尽 いちもうだじん

悪党の一味を一挙に一人残らず捕まえること。

一網打尽の由来・語源

中国の『宋史』にある故事に由来する。
もともとは、単に「網を打って一度に多くの魚をとらえる」という意味だったが、当時、検察官だった王拱辰(おうきょうしん)が政府の公金不正流用疑惑を極秘調査し、現場をおさえて一斉逮捕したことがあった。そのときに王拱辰が「吾、一網打尽せり」と叫んだことから、敵の組織全体を攻め落とすことを一網打尽というようになった。
カテゴリ:四字熟語