不倶戴天 ふぐたいてん

共に世にいることができない間柄。 生かしてはおけないほどの深い憎しみがあること。不倶戴天の敵。

不倶戴天の由来・語源

中国の「礼記(らいき)」曲礼の「父の讐 (あだ) は倶 (とも) に天を戴 (いただ) かず」にちなむ。同じ天の下では一緒に生きていくことはできないの意。そういう敵であるから、絶対に相容れず、とにかく戦う以外にない相手をさす。古くは、父や主君のかたきをいうことが多かった。
カテゴリ:四字熟語