足元を見る

足元を見るの意味

相手の弱みにつけ込むこと。弱点に乗じること。

足元を見るの由来・語源

相手の立っている足元を見きわめ、その弱いところを攻撃することで、優位にたつことから「足元を見る」と言うようになった。
江戸時代より使われ始めたと考えられている。
カテゴリ:人間

足元を見るに関連する言葉