二足の草鞋を履く にそくのわらじをはく

同じ人が二つの職業や立場を兼ねること。

二足の草鞋を履くの由来・語源

もとは江戸時代に、博打打ちが十手を預かって、自分たちを取り締まる役目の岡っ引きを兼ねることをいった。
博打打ちと岡っ引きではまったく逆の立場であることから、本来は両立しえない二種類の仕事をすることをいったが、のちに、単に二つの職業や立場を兼ねる意味で用いられるようになった。
カテゴリ:社会