地団駄を踏む じだんだをふむ

怒ったり、くやしがったりして足で地面を何度も踏みつけること。

地団駄を踏むの由来・語源

「地団駄」とは、足踏み式のふいごの「地蹈鞴(じたたら)」が音変化してもので、そのふいごを踏む様子に似ていることからいうもの。
「地団駄」は「地団太」とも書くが、いずれも当て字。

地団駄を踏むに関連する言葉

カテゴリ:人間