浮き足立つ

そわそわして落ち着きがないこと。また、逃げ腰なこと。

浮き足立つの由来・語源

「浮き足」とは、足の爪先だけが地面について、かかとが上がった状態をいい、「浮き足立つ」はいわゆる爪先立ちになること。その姿勢がいかにも不安定で、また、逃げ出そうとしているかのように見えるところからたとえていう。

浮き足立つに関連する言葉

カテゴリ:人間