韋駄天 いだてん

足の速い人のたとえ。

韋駄天の由来・語源

本来はバラモン教の神で、仏教に取り入れられ、仏教の守護神となったもの。「韋駄」はサンスクリット語Skandaの音写で「私建陀」と漢訳されたが、転写する過程で誤記され、「韋駄」となってしまったとされる。「天」は神の意。
この韋駄天は、仏舎利(ぶっしゃり)を盗んだ捷疾鬼(しょうしつき)を追いかけて取り返したことから、足の速い神とされ、足の速い人のたとえに用いられるようになった。
カテゴリ:人間