留守 るす

外出して家にいないこと。

留守の由来・語源

本来は、文字通り「留まって守る」の意で、主人の外出中に家を守る意を表した。「留守を頼む」「留守を預かる」は留守番の意を表す古い用法。
「留守」が不在の意味で用いられるのは鎌倉時代以降で、江戸時代になると「手元が留守になる」など、他のことに心を奪われて不注意になることを意味する表現も生まれた。
カテゴリ:生活