どんでん返し

話の展開や物事の形勢が、それまでとは正反対にひっくり返ること。

どんでん返しの由来・語源

本来は、歌舞伎の舞台で、大道具を一気に90度後ろにひっくり返して、底になっていた面を立てて場面を転換することで、その仕掛けのこともいう。
もとは、中が自在に動く仕掛けの「強盗提灯(がんどうちょうちん)」に似ていることから、「強盗(がんどう)返し」といい、一説にはそのときに下座の鳴り物が「どんでんどんどん」と鳴っていたので、「どんでん返し」というようになったとされる。

どんでん返しに関連する言葉

カテゴリ:文化