手玉に取る てだまにとる

人を思い通りに操ること。

手玉に取るの由来・語源

「手玉」は、布の袋に小豆などを入れて縫いくるんだもので、女の子が遊びに使う、「お手玉」のこと。このお手玉を曲芸師が自由自在に操ったところから、転じて人を翻弄する意味に使われるようになった。
カテゴリ:文化