薬籠中の物 やくろうちゅうのもの

必要に応じて自分の思いどおりに利用できるものや人。また、十分身につけた知識や技術のたとえ。「自家薬籠中の物」ともいう。

薬籠中の物の由来・語源

「薬籠」は漢語で薬箱のこと。
薬箱に入れてある薬品のように、いつでも自分の思うままに使えるものということから生まれたことば。
唐の元澹が首相の狄仁傑(てきじんけつ)に「ご使用になっている薬の一つに、私を加えてお使いになって下さい」と言ったところ、狄仁傑は「君はすでに私の薬籠中のもので、欠かせない人だ」と言ったという『旧唐書・元澹伝』にある故事に基づく。
カテゴリ:人間