槍玉に挙げる やりだまにあげる

大勢の中から特定の人物を選んで、非難や攻撃の目標とすること。

槍玉に挙げるの由来・語源

もとは、人を槍で突き刺して、それを高く掲げ、手玉のように操ることをいい、そこから転じて、大勢の中から選び出して責め立てる意味となった。
カテゴリ:人間