差し金 さしがね

裏で人をそそのかして操ること。

差し金の由来・語源

もとは、歌舞伎や人形浄瑠璃に由来する言葉。
歌舞伎では、作り物の蝶や小鳥などを先端につけた黒塗りの細い竿のことで、針金で作り物を結わえ、黒衣が動かす。また、人形浄瑠璃では、操り人形の腕に取りつけた長い棒のことをいい、これで腕を動かし、棒につけた麻糸を引いて手首や指を動かす。
どちらも、見えないところで操ることから、背後で人を操る意味へと転じた。

差し金に関連する言葉

カテゴリ:文化