猫柳 ねこやなぎ

ヤナギ科の落葉低木。山地の川辺などに自生し、また観賞用に庭木とされる。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物とされる。

猫柳の由来・語源

銀白色の柔らかな毛に包まれた花穂が、猫の尻尾に似ていることからか、この名がある。
カテゴリ:自然