紫陽花 あじさい

アジサイ科の落葉低木。初夏から梅雨時に小さな花を球状につけるが、花びらと見えるのは装飾花で、萼(がく)が変形したもの。原産地は日本。

紫陽花の由来・語源

あじさいの語源は、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が変化したものとされる。
「あづ」は集まる様を意味し、特に小さいものが集まることを意味し、「さい」は「さあい」の約、接続詞の「さ」と「あい(藍)」の約で、青い小花が集まって咲くことから、この名がつけられたされる。
また、「あぢさゐ(味狭藍)」の意で、「あぢ」はほめ言葉、「さゐ」は青い花とする説もある。

漢字で「紫陽花」と当てたのは、『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』で、著書の源順(みなもとのしたごう)が白居易(はくきょい)の詩に出てくる紫陽花をこの花と勘違いしたことによるとされる。漢名の紫陽花は別の花。
花の色が変わるので、「七変化」「八仙花」とも呼ばれる。
カテゴリ:自然