エニシダ

マメ科の落葉小低木。枝は緑色で細く、しだれる。初夏に黄色の蝶形花をつける。ヨーロッパ原産で、日本には江戸時代に観賞用として渡来した。「金雀児」とも書く。

エニシダの由来・語源

ラテン語のgenista(ゲニスタ)が、スペイン語でhiniesta(イニエスタ)となり、これが日本でエニスタと発音され、その後さらに音変化してエニシダと呼ばれるようになった。
カテゴリ:自然