普請 ふしん

家屋を建てること。または土木工事のこと。

普請の由来・語源

もとは仏教語で、功徳を普く請い願うの意味。禅宗の寺で、多くの人々に寄付を募り、また堂塔の建設・修理などの労役に従事してもらうことをいった。
禅寺では、修行者全員がいっせいに労役に従うことを普請作務(ふしんさむ)といったことから、のちに、堂塔建築の際などに、修行者たちが労役につき、手作業を手伝ったりしたことが一般化して、現在の用法になった。
カテゴリ:生活