左官 さかん

建物の壁や床、土塀などを、こてを使って塗り仕上げる職人のこと。

左官の由来・語源

古く律令制においては、官庁は「かみ(長官)」「すけ(次官)」「じょう(尉)」「さかん(主典)」の四等官で構成されており、役所によってそれぞれ当てる漢字は異なっていた。
宮中の建物を建てたり修理したりする役目の木工寮(もくりょう)第四官を「木工属(もくのさかん)」といい、その木工属に民間の壁塗り職人を任命して宮中に出入りさせたところから、壁塗り職人を「さかん」と呼ぶようになった。
古くは「沙官」「沙翫」とも書き、「しゃかん」ともいう。

左官に関連する言葉

カテゴリ:社会