縄張り なわばり

勢力範囲、領域、領分のこと。

縄張りの由来・語源

本来は土地に縄を張って、境界線を決めたり、そこが特別の区域であることを示すものだった。戦国時代には城や邸宅を建てるときに、敷地内に図面通りに縄を張り、建物の位置を示すことも合った。「縄張りを荒らす」「縄張り争い」のように、勢力範囲の意で用いられるようになったのは江戸時代に入ってから。
カテゴリ:社会