しゃもじ

飯をすくったり混ぜたりするのに使用する杓子。

しゃもじの由来・語源

柄の先に皿形の部分が付いた道具の「杓子」(しゃくし)の「しゃ」に接尾語「もじ(文字)」を付けた女房詞(にょうぼうことば)。
本来は汁をよそう杓子も含めた言葉であり、米飯をよそうものを特に飯杓子(めしじゃくし)と言ったが、時代がたつにつれ、汁用のものをおたま(お玉杓子)、米飯用のものを「しゃもじ」というようになった。
女房詞 (にょうぼうことば)とは、室町時代ごろから宮中で女官が用いた独特の言葉。一種の隠語のようなもので、今日にも多くの言葉が伝わる。語頭に「お」を付けて丁寧さをあらわすものや、語の最後に「もじ」を付けて婉曲的に表現する文字詞などがある。

しゃもじに関連する言葉

カテゴリ:生活