勝手口 かってぐち

台所にある出入り口。裏口。また、茶の湯で亭主が出入りする口。

勝手口の由来・語源

室町時代ごろ、台所のことを「勝手」と呼び、また、茶室で茶の湯をしまっておくところを「勝手」ということから、家の者が人目につかずに出入りする口を「勝手口」と呼ぶようになった。
台所のことを勝手というのは、「かて(糧)」の古形「かりて」が転じたものとする説が有力。食糧の意が転じて台所や生計の意を表すようになった。
カテゴリ:生活