包丁 ほうちょう

食材を切断または加工するための刃物で、調理器具の一種。

包丁の由来・語源

古く中国から伝わった言葉で、本来は「庖丁」と書く。
「庖」は調理場を意味し、「丁」は「園丁」や「馬丁」のように、そこで働く男のことで、つまり庖丁の原義は「料理人」のこと。
『荘子』の「養生主篇」に、魏の恵王の御前で、ある庖丁(ホウテイ)が見事な刀捌きで牛一頭を素早く解体して見せ、王を感銘させる記事がある。彼の使用した料理刀を後に庖丁と称し、これが日本語読みで「ほうちょう」となった。
かつて「庖」が当用漢字外とされたため同音の「包」で代用することが多いが、本来の用字は「庖丁」。

包丁に関連する言葉

カテゴリ:生活