杓子定規 しゃくしじょうぎ

規則や形式などにとらわれていて、応用や融通のきかないこと。

杓子定規の由来・語源

「しゃくし」は汁やご飯をすくうのに用いる道具で、古くは柄が曲がっていた。その曲がった杓子の柄をまっすぐな定規の代わりに使うという意味で、誤った基準でものをはかろうとすることをいい、さらに転じて、適不敵にかかわらず、一定の基準で他を律することをいうようになった。

杓子定規に関連する言葉

カテゴリ:人間