元の鞘に収まる

一度別れたり、仲違いした者が、またもとの親しい間柄に戻ること。特に、夫婦や恋人同士についていうことが多い。「元サヤ」とも。

元の鞘に収まるの由来・語源

「鞘」とは、刀や剣などの刀身の部分をおさめておく筒のことで、抜かれた刀が本来収まっている鞘に戻ることからいうもので、江戸時代から使われている言葉。
カテゴリ:社会