饅頭 まんじゅう

小麦粉・米粉・そば粉などにふくらし粉と水を加えてこれ、発酵させた皮にあんを包み、下腹部を平らに、上部を丸く形づくり蒸した菓子。

饅頭の由来・語源

中国の「饅頭(マントウ)」が起源で、「頭」を「じゅう」と読むのは唐音。中国ではあんを入れないのがふつう。
日本には鎌倉時代に伝わり、南北朝時代になって中国から帰化した林浄因(りんじょういん)が奈良で作って売り出し、一般に広まったとされる。
カテゴリ:食べ物