金団 きんとん

サツマイモやナガイモなどを煮て裏ごしし、砂糖を加え、クチナシで黄色に色をつけてあんにしたものに、甘く煮た栗やいんげん豆などを練り合わせたもの。

金団の由来・語源

古くは、粟(あわ)で作ったあんを丸く団子状にした菓子を、金色の団子という意味で「金団」といった。「団」を「とん」と読むのは唐音。現在の形になったのは江戸時代とされる。

金団に関連する言葉

カテゴリ:食べ物