折角 せっかく

苦労したのに、わざわざ、といった意味で用いられる語。

折角の由来・語源

一説に、後漢の郭泰(かくたい)という人がかぶっていた頭巾が雨に濡れて角が折れていたのを、他の人が真似て、わざわざ角を折って頭巾をかぶったという故事にちなむとされる。
また他の説では、前漢の朱雲が五鹿の玄宗と易について論じ合って勝ち、世人が評して、「朱雲の強力、よく鹿の角を折ったと洒落た」という『漢書』にある故事にちなむともいわれている。

折角に関連する言葉

カテゴリ:社会