手ぐすねを引く

十分に用意をして待ち受けること。手薬煉を引く。

手ぐすねを引くの由来・語源

「薬煉(くすね)」とは、松ヤニを油で煮て、練り混ぜたもので、粘着力が強く、弓の弦に塗って強度を増すのに用いるもの。
戦いの前に、手に薬煉をとって弓に塗り、準備を万端に整えて敵を待つことから、あらかじめ用意して待ち構える意味となった。
カテゴリ:社会