外郎 ういろう

米の粉に砂糖などを喰らえた蒸し菓子のこと。

外郎の由来・語源

もとは、中国の元の礼部員外郎(がいろう)である陳宗敬(ちんそうけい)が南北朝時代に日本に渡来し、博多で売りだした透頂香(とうちんこう)という薬のこと。
家名を「外郎(ういろう)」と称したため、薬も「ういろう」と呼ばれるようになった。「外」を「うい」と読むのは唐音。
その薬は痰切りや口臭消しに効能があるとされ、江戸時代になって、京や小田原で売りに出されて有名になった。菓子の外郎は、これに色や形が似ていることからの命名。
一説に、この薬を飲んだあとに口直しに食べたからともいわれている。
カテゴリ:食べ物