今川焼き いまがわやき

水で溶いた小麦粉を浅い円筒形のくぼみのある型に流し込み、餡を入れて焼いた菓子。

今川焼きの由来・語源

江戸時代、神田今川橋付近の店で売りだしたことから名付けられた。
その形から、大判焼きとも呼ばれる。
カテゴリ:食べ物