おじゃんになる

物事が途中でだめになる。失敗に終わる。

おじゃんになるの由来・語源

江戸時代に、家事の鎮火を知らせるために半鐘を「じゃんじゃん」と鳴らしたことから、「じゃん」に詠嘆の「おお」をつけて「おおじゃん」、それが「おじゃん」と略されて、終わる意となり、さらにだめになる意に転じた。
カテゴリ:様相