鳴門巻き

【読み方】なるとまき

鳴門巻きの意味

無着色の魚のすり身を使い、断面に模様があるかまぼこの一種。なると巻きとも書く。略称はなると、ナルト。

鳴門巻きの由来・語源

小口切りにした断面が渦を巻いたように見えるところを、鳴門海峡の渦潮うずしおに見立てて名付けられたといわれている。
カテゴリ:食べ物

鳴門巻きに関連する言葉