かれい

カレイ目カレイ科の海魚。体は平たく、両目は一部の例外を除き、原則として体の右側の面に集まっている。日本では、刺身、寿司、煮付け、焼き物、揚げ物などさまざまな料理に用いられる。

鰈の由来・語源

「かれい」は「からえい」が転じたものとされる。
「えい」は魚の「鱏」で、平たい形が似ていることからいうもの。「から」は枯れる意からで、カレイの体色が枯れた葉の色に似ていることにちなむ。

鰈に関連する言葉

カテゴリ:自然