襟を正す えりをただす

自己の乱れた衣服や姿勢を整えること。また、それまでの態度を改めて、気持ちを引き締めること。

襟を正すの由来・語源

長安の有名な易者に会いに行った役人たちが、易にとどまらない深い博識に感動し、自然に冠のひもを締め直して上着の襟(えり)を正し、きちんと座り直して話を聞き続けたという故事に基づく。
転じて今までを反省し、改めて身を引き締めて事に当たる事を表すようになった。

襟を正すに関連する言葉

カテゴリ:人間