薩摩揚げ さつまあげ

魚肉のすり身に塩・砂糖・でんぷんなどを加え、油で揚げたもので、野菜の細切りなどを混ぜることもある。

薩摩揚げの由来・語源

薩摩(鹿児島)で作られたことから、江戸では「薩摩のつけ揚げ」と呼び、のちに「薩摩揚げ」というようになった。一説には薩摩藩主の島津斉彬(なりあきら)がはんぺんや蒲鉾(かまぼこ)からヒントを得て考案したといわれる。
当地の鹿児島では「つけ揚げ」、関西では「てんぷら」という。

薩摩揚げに関連する言葉

カテゴリ:食べ物