胸突き八丁 むなつきはっちょう

山頂付近の険しい登り道。転じて、物事を成し遂げるのに一番苦しい時期、正念場のたとえ。

胸突き八丁の由来・語源

「胸突き」は、山や坂などのけわしく急なところ。
もとは、富士山頂で、頂上まであと八丁(約872メートル)の最後の険しい登り道をいった。
それが他の山についても用いられ、さらに転じて、物事の大詰めの一番苦しい局面の意で用いられるようになったもの。
カテゴリ:様相