紙縒り こより

細長く切った紙をより合わせ、細い紐のようにしたもの。紙をとじたり細工物の材料とする。

紙縒りの由来・語源

語源は「かみ(紙)+より(縒り)」で、これが音変化して「かうより」、さらに「こより」へと変化したもの。
カテゴリ:文化