紋切り型 もんきりがた

きまりきった型。かたどおりで新味のないこと。

紋切り型の由来・語源

本来は、文字通り紋の形を切り抜くための型をさす語であったが、そこから「お定まりのこと」「型にはまったやり方」を表すようになった。
古くは「型通り」の意味しかなかったが、近年では「融通が効かない」といった悪いニュアンスが含まれるようになった。
カテゴリ:生活