糟糠の妻 そうこうのつま

貧しい時代から苦労を共にしてきた妻のこと。

糟糠の妻の由来・語源

「糟糠」とは、酒かすと米ぬかのことで、したがって「糟糠の妻」とは、そのような粗末な食べ物しかない貧困時代からの妻をいう。

このことばの出典は、中国の歴史書『後漢書(宋弘伝)』にある「糟糠の妻は堂より下さず」という句による。
意味は、貧乏な時に苦労を共にした妻は、立身出世しても表座敷から追い出すわけにはいかず、大切にするということ。
カテゴリ:生活