竹輪 ちくわ

魚肉のすり身を竹など棒に巻きつけて、焼いたり、蒸したりしてつくった加工食品。

竹輪の由来・語源

竹輪は、はじめは蒲鉾(かまぼこ)と呼んでいたが、桃山時代に現在と同じ板付きのものがつくられるようになると、それを「蒲鉾」と呼び、もともとのは、その切り口が竹の輪に似ていることから「竹輪の蒲鉾」と呼ばれ、さらに蒲鉾を省略されて「竹輪」となった。

竹輪に関連する言葉

カテゴリ:食べ物