目刺し めざし

塩をふったイワシに、目から下あごへ竹串やワラを通して数匹ずつ束ね、干した干物。通常はそのままではなく、焼いて食べる。

目刺しの由来・語源

目を刺すことから「めざし」と言ったもので、メザシイワシともいう。
カテゴリ:食べ物