病膏肓に入る やまいこうこうにはいる

回復する見込みのない病気にかかること。物事に熱中しすぎて、救いがたい状態になるたとえ。

病膏肓に入るの由来・語源

「膏(こう)」は心臓の下の脂、「肓(こう)」は横隔膜の上の薄い膜のこと。
病気がそこに入ると、薬も針も届かず、治療が困難になる。転じて、何かに熱中して、手の施しようがない状態をいうようになった。
出典は、中国の『春秋左伝(しゅんじゅうさしでん)』で、春秋時代、晋の景公が病気になったとき、病気の精が二人の子供となって膏と肓に逃げこんだので、病気が治らなかったという故事にちなむ。
カテゴリ:様相