求肥 ぎゅうひ

白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげて作ったお菓子。

求肥の由来・語源

中国の菓子で祭祀に用いられる「牛脾(ぎゅうひ)」が日本に伝わったもので、牛のなめし皮のように滑らかであったことから「牛皮」と書いたが、肉食を嫌う仏教思想からその表記が嫌われ、飴は脾腹(わき腹)を肥やすという意味から「求肥」と当てて書くようになった。

求肥に関連する言葉

カテゴリ:食べ物