帝王切開 ていおうせっかい

出産時に、妊婦の子宮切開によって胎児を取り出す手術方法のこと。

帝王切開の由来・語源

ドイツ語の「Kaiserschnitt(Kaiser=皇帝、Schnitt=手術)」を訳した言葉。古代ローマの将軍カエサル(シーザー)がこの方法で生まれたという伝説にちなむ。
語源はラテン語のsectio caesareaで、切るという意味のcaesareaをCaersar(シーザー)と混同したことによる誤訳ともいわれている。

帝王切開に関連する言葉

カテゴリ:文化