左党 ひだりとう

酒好きな人。さとう。単に「左」だけでも酒飲みの意にも用いる。

左党の由来・語源

鉱山で働く人たちの間で用いられる。いわゆる金山詞(かなやまことば)で、彼らは右手に金槌をもち、左手に鑿(のみ)を持つことから、右手を槌手(つちて)、左手を鑿手(のみて)という。
その「鑿手」に「飲み手」をかけて、酒好きな人・酒飲みのことを「左利き」といい、さらに酒飲みの仲間の意から。左党というようになった。
カテゴリ:人間