反故 ほご

書きそこなったりして不要になった紙。また、駄目なもの、無駄。ほうご。ほぐ。

反故の由来・語源

「反故」は漢語からきたもので、「反」は裏返す意、「故」は古い(紙)の意で、本来の意味は一度使った古い紙を裏返すことであったが、それが転じて不要な紙、駄目なものの意となった。
カテゴリ:社会