二番煎じ にばんせんじ

前にあったことの模倣で新鮮味がなく、あまり価値がないこと。

二番煎じの由来・語源

「煎じ」とは、茶や薬を煮詰めて、成分を取り出すこと。
「二番煎じ」は、一度煎じた茶や薬をもう一度煎じたもので、一度目に比べて成分が弱く価値が低くなる。そこから、前にあったことの繰り返しで、新味のないもののたとえとなった。
カテゴリ:社会