二束三文 にそくさんもん

数が多くても、値段が安くて価値がないこと。

二束三文の由来・語源

「文」は昔の貨幣単位で、「三文」は、わずかなお金という意味。二束(ふたたば)でも三文にしかならないというのが語源。
また、「二束」は「二足」とも書くが、一説には江戸時代にわらで編んだ大きくて丈夫な金剛草履が、二足で三文だったからといわれている。
カテゴリ:四字熟語