お座なり おざなり

その場だけの間に合わせ。いいかげんに物事をすまること。一時しのぎ。

お座なりの由来・語源

「おざ」は「御座敷」、「なり」は有様・状態の意の「なり(形)」で、宴会の席で、その場逃れの取り繕った言動をする様子からできた語と考えられる。
カテゴリ:様相